軽さ

遊び感覚

前回のブログで「人生のテーマ」を綴りました
こんにちわ satoです

satoの人生のテーマ『遊び』

なぜ『遊び』なの?
って思いますよね

遊びって「おままごと」「旅行」「ゲーム」とか
色々私もしてきたつもりでした
この年になるまで 楽しんだつもりでここまで来ました笑

私の友人がペンデュラムで私の過去生を見てくれた時
6代前の魂から影響を今世受けているって言ってくれて
(北米に住んでる 技術者 男性 本当は旅や開拓することを
したかったけど出来なかったらしい)
だから今世はその時に出来なかった事をしたいと言う
魂からのメッセージだったらしい

その時に今世のテーマを教えてくれたんだけど
それが『遊び』を今世やっていくことみたいで

その時に一瞬にして「パッ!」と内側と繋がったのが
小さかった時の自分でした(3歳頃かな?)

その友人からもsatoのインナーチャイルドは3歳で止まってるよ

って言われたんだけど
それも一瞬で3歳の時の自分と繋がった感覚でした

姉が私の2歳上で先天的な知的障害を持っていて
てんかんを持っていて両親二人とも
姉にかかりっきりで、私にあまり構うこと出来なかった
と言う事を母から聞いていました

「satoは手が掛からない子供だったよ〜」って
「ありがたかったよ」って
言ってくれて

「そうなんだー」「だってお姉ちゃん病気だもん」

って無意識に思っていた記憶がうっすら

両親からは愛情かけてもらっていた
と自分では思っていました

でも、今思うと3歳の遊びたい時期
かまって欲しい時期
見て見てーーーって認めて欲しい時期に
見てもらえてなかった『寂しさ』が子供心に残ったまま
育ったんだな。

寂しかった

と言う記憶がドドドドドド!!!

って蘇ってきたような感覚になって
涙がブワーーーーーーーって出たんです

そして、どこかで
お姉ちゃんのことを気にしていて
お姉ちゃんは病気で普通の生活できないから…。
どこか罪悪感。私だけ楽しんじゃダメなんじゃないかって。

姉も母も父も
一度もそんなこと言ってないのに
私が勝手に思い込んでいたこと

これが私の中でずーっと在り続けて
罪悪感の中でいたように感じたんです

このことがさっきの人生のテーマの
『遊び』って出た瞬間に繋がったんです

びっくりですよね

涙が止まった後に友人が
「大丈夫!もうsatoのインナーチャイルドは
気づいてくれた
ことで7歳8歳くらいまで成長したよ」
「気づいてくれたことで小さいsatoは喜んでるよ」
って
言ってくれたんです

そこから私が変化しはじめていきました

そして先日の「変容」

昔よりも楽で自分らしく生きれていて幸せな
自分ですが

まだ「遊ぶ」ように物事を捉えることができずにいました

でも、タイミンングなんでしょうね
今やっていく時期がきました

全てゲーム感覚で
全て実験感覚で

人生を楽しむ

一歩 殻から抜け出たsatoは
さらに自分らしく進むために
歩き出しました!!!

軽く
楽しく
笑顔で
無邪気に遊ぶように

進みます〜!

読んでくださり
ありがとうございました

この記事を書いた人