自己紹介

プロフィール

山田聡子(satoko yamada)

1970年9月北海道出身,函館市在住

もともと小さい頃から人の目を気にする、自信がない消極的で超心配性として育ち、高校卒業して事務のお仕事をしていました。

25歳で結婚、27歳で出産、29歳で離婚を経験しました。

29歳の離婚をきっかけにマイナス思考の自分が先のイメージを鮮明にするようになりました。

今思うとこの頃からセルフコーチングを自然にしていたと思います。

私にとって離婚はかなり大きいショックな出来事でしたが大切な息子のために必死にどう生きていくか考えるようになりました。

これを読んでくださっている方で私と同じ境遇におられる方もいらっしゃると思います。先のことを考えると不安に思う方もいると思いますが、大丈夫です!イメージができれば思った通りに現実になります。

私の実体験が一番伝わると思うのでプロフィールを通してお伝えいたします。

『思考は現実化する』という言葉はご存知でしょうか。まさに私は自分の実体験がこのことを物語ると思います。

(私だけじゃなくどなたにも起こっていることなんですけど笑)

ネガティブな私はまだ起きていないことに怯え「どうしよう」が口癖でしたが離婚することが決まってから大切な我が子を育てていくという強い信念で前に進むことになります。

高卒で資格も運転免許と珠算3級、英検もありますが書くまでもない程度で何の取り柄もない私。友人の勧めで官公庁のアルバイトなら定時で終わるし、休みもちゃんとしてるということで履歴書を出して採用してもらいました。

採用してもらったらこんな自分になろう!とイメージして毎日仕事をしました。

失敗すると誰よりも落ち込み、凹んだらなかなか切り替えるのも時間がかかる面倒な自分でしたが、これではなりたい自分じゃない!と自問自答を繰り返しながら働いていました。

そんな毎日を送っていたら違う部署から声がかかりアルバイトから契約職員になり、1年に何度も出張へ行くようなキャリアウーマンの自分になっていきました。

不安だった経済面もアルバイト時代より4倍の収入になり、頭もいい訳じゃない無資格の私が公務員のような仕事をさせてもらうようになりました。

しばらく勤めていると私のネガティブ思考が「このままずっと働けなくなってリストラとかあったらどうする?」という不安をあおる心の声が出てくるようになります。

思考は現実化する…。はい!そうです!その現実がやってきました。

本当にリストラになってしまいました。

この時まで私はこのことを知ることもなく「どうして私ばかり。なぜ?」という負のループに巻き込まれていました。

自己対話が得意な私はまた「この先どうしたい?どうしていきたい?」と聞くと「このままいつもグダグダしている自分は嫌だ!育児も楽しくキラキラした自分でいたい!」という答えが出てきた直後、すぐにキラキラすることが出来る美容のお話が舞い込みました。

肌がキレイになることきっかけに自分のことを大切にするトータルビューティーに出会いそこで自分を磨くことになります。

そこで肌知識を学び、潜在意識を学びながら人と関わらせていただくことで今までの出来事が全て自分で作り出していたことに気づくようになりました。

官公庁に勤めていた頃、趣味で始めたアロマセラピーをたくさん勉強し数々の資格を取るようになって知識と経験を積むことになりました。

そして最終的には国際ライセンスまで取ったのに当時自信のない私はアロマを仕事にするまでに至らず資格を活かすことは出来ませんでしたが、トータルビューティーを通して自分のことを大切にするようになってからどんどん変化していきアロマも取り入れながら人に伝えるようになり今に至ります。

12年間このトータルビューティーに関わる中で最初から変わらず続けていることが「目の前にいる人の可能性を引き出す」「潜在意識を味方につける」ということでした。

自分自身にも相手にもしてきたことでしたが、劇的に変化をもたらしたのが『気分よく過ごす(周波数)』ということに意識を向けること。

そして脳科学に基づく量子力学との出会いが私を急激に変化させてくれました。

望みや目標を達成する過程の中には誰しも『心のブレーキ』がありそのブレーキを解除しながら進む。

これを自分に取り入れてからグングン現実が変化していき、そんな中で更なる劇的な変化のきっかけの出会いがありました。

それが『コーチング』でした。

このコーチングが私の持っている潜在的な力を引き出してくれました。

今まで見てきた現実を違う視点から見ること、それをどう感じるのか、そしてどうしていきたいのか。

一緒に向き合い、寄り添いながら私の奥底に眠っていたものを引き出し、本質の私を見させてくれたコーチングによって「ありのままの本来の自分」を明確に発見することが出来ました。

今までずっと自分の感情と向き合い、自己対話をし続けてきた私でしたがコーチングに出会ってからおもしろいくらいスピードが加速していくのを目の当たりにしました。

1人で自分に向き合うよりももっと簡単で楽しくて現実が変化することを知りました。

『本質の自分に気づく』

ずっと探していたものに出会う感覚を体験する楽しさと、なかなか達成できない望みや目標を、本質の自分に気づきながらブレない自分軸で目的地に到着する。

そこには人や場を通して調和しながらより良い人間関係、社会、世界が広がると言うことを大切にコーチングを提供し活動しています。

この記事を書いた人